事故にあったら

方針イメージ

事故直後は、『むち打ち』で受傷した症状が感じにくいことがあります。数日経ってから痛みを覚えるなんてことも少なくありません。これは興奮状態によって、痛覚が抑制され起こされる現象です。事故直後に痛みがないからと言って、必要な段取りをせず安易に示談の約束を当事者同士でしてしまうと後々後悔することもありますのでご注意ください。直後に症状が出ていなくとも、後日『人身事故』扱いにすることも可能です。そのような状況がもしあれば当院まで一度ご相談ください。また事故後、病院に通院しているけれど、なかなか症状が良くならないとお悩みの方がいらっしゃれば、当院で自賠責保険を使った治療を受けることもできますのでご相談下さい。

交通事故にあってしまったら

交通事故に慣れてる人はなかなかいません。事故直後、多くの方は興奮状態です。そんな中で身体の心配や自動車の心配など色々大変です。面倒くさいから、時間がないからと安易に考え初期対応を誤ると、後に『治療も受けられない』や『物損保証内容に納得がいかない』なんてトラブルが起こることがあります。そんなことが無いように、事故に遭遇したら最低おさえておきたい段取りをご紹介させていただきます。

警察(110番)と必要に応じて救急車(119番)に連絡
相手が警察に届けなくても・・・と言っていても、事故後のトラブルに発展しないようきちんと段取りを踏むことが重要です。交通事故の根拠となる『事故証明書』は警察により発行されます。また、後に治療を受けるために必要な診断書も、病院での診察が必要となることが多いので注意が必要です。
事故の相手と連絡先交換
相手の情報の信頼度が低い場合には、免許証の提示をしながら連絡先の交換をしましょう。相手が本当の情報を伝えないなんて可能性も考えられますのでお勧めです。また、事故現場で賠償の話しや示談書の取り交わしなどは絶対にしないように注意しましょう。交通事故の後遺症が後になって出現した際に、適切な保証が受けられなくなることも考えられます。 交通事故の後遺障害には、『脳脊髄液減少症』というものがあります。この傷病は、脊髄を包む膜が損傷することで、脳や脊髄を保護している脳脊髄液が漏れてしまい慢性的な自律神経障害を引き起こし、場合によっては立ち上がっての日常生活が過ごせない程の症状を出すことがあります。時間が経ってから発覚するものもありますので注意が必要です。
病院で診察を受ける
病院で精密検査を受けてください。事故直後は興奮状態による影響で痛みを感じ難くなっている場合があります。後から『肋骨に骨折があった』なんて発覚することがあるほどです。
保険会社に連絡
保険会社に連絡して事故にあったことを伝えてください。任意保険に加入していれば任意保険会社の連絡先窓口にご連絡ください。任意保険に未加入であれば自賠責保険の連絡先窓口にお話しください。
治療開始
あまり時間をおかずに治療を開始してください。交通事故の治療は3~6ヶ月の目安で治療期間が制限されるケースがあります
クラル小山へ通院される際には、事前に保険会社担当の窓口まで通院する旨をお伝えし、当院までご連絡ください。順番はどちらでも結構です。
すでに病院などにかかっていても、定期的に病院の検査を受けながら当院に通院することが可能です。その際には一度当院まで連絡ください。

当院では治療から交通事故保険のアドバイスまで、体が回復し、示談が成立するまでしっかりとサポートさせて頂きます。

所在地 栃木県小山市駅東通り2丁目11-19
駐車場 7台駐車スペースあります
最寄駅 小山駅東口から徒歩8分
電話番号 0285-38-9118
休診日 日曜・祝日