ぎっくり腰


海外では『魔女の一撃』とも表現されている『ぎっくり腰』、起きてしまうと動けず歩けず、トイレにさえ這っていかなければ移動できないなんてことも・・・。できれば経験したくないものですね。一度発症された患者様の中には、毎年1・2度起きてしまう人もいらっしゃいます。腰の痛みは日常生活に支障をきたすだけでなく、腰をかばうために腰背部の筋緊張の影響で肩こりになったり、痛みをかばう動作により膝に負担がかかり下肢に別な痛みを引き起こしてしまうこともあります。そのため、常日頃から治療やストレッチの習慣を身に着けておくことと、身体のメンテナンスをしっかりすることが大切です。 軽度の症状も放っておかず早めに当院までお越しください。

当院には、『ぎっくり腰』に対し非常に効果的な治療があります。 当院の治療は単にマッサージをして楽になるというものではありません。早期に普段の日常生活を取り戻すことを最大の目的とし、ぎっくり腰が後に起こらない為の柔軟性・歪みのない体のバランスをつくる為の治療を並行して行っています。

治療の一例

  • 超音波治療

    患部の修復・緊張緩和・痛みの軽減に効果があります。超音波治療器はスポーツ傷害の現場においても髙い効果から非常に良く使われておりぎっくり腰に対しても効果が高い治療法です。
  • 電気療法

    <筋緊張緩和・痛みの軽減・血流調整作用で患部の回復を促進させるために電気物理療法を行います。急性期には痛みが増してしまう場合もあるため状態を見ながら使用します。回復期には積極的に行います。
  • マッサージ

    ぎっくり腰の急性期にはあえて患部に過剰な刺激は加えず、患部周囲の筋緊張緩和を目的として手技を行います。急激な痛みにより腰以外の部位に筋緊張が起こり回復の妨げになるためです。患部に対してのアプローチは、急性期を超えて回復期に移行したタイミングで積極的に行うことが効果的です。
  • 骨盤矯正

    痛みの原因につながる骨盤の歪みを矯正していきます。ただし、急性期には少し体を傾ける程度でも痛みが起こる為、その場合には無理に矯正は行いません。患部の緊張が解ける程度の適度な手技を加えていきます。回復期に移行した際にさらに歪みの矯正を加えていきます。
  • はり灸治療

    急性腰痛の回復を妨げる原因として、腰背部の深部筋(インナーマッスル)の筋性防御による過緊張があります。はり灸治療の最大の利点である、筋緊張緩和作用を用いてマッサージでは届かないインナーマッスルの過剰な緊張を効果的に取り除いていきます。

所在地 栃木県小山市駅東通り2丁目11-19
駐車場 7台駐車スペースあります
最寄駅 小山駅東口から徒歩8分
電話番号 0285-38-9118
休診日 日曜・祝日