TEL

損害保険会社 ご担当者様へ

交通事故にも軽微な事故や重傷を抱える大きな事故などいろいろな種類があると思います。
例えばミラーあけ壊れてしまうような交通事故で長期にわたって施術を行う整骨院も存在しますが、一般的に考えて身体に加わる負担は軽微なものでありますので、
必ず自賠責保険範囲内で施術を終えるなど事故の発生状況から正しい施術期間を算出し、損害保険会社との良好な関係を築いていくことを当院のコンプライアンスの一番に考えます。

治療部位が3部位を超える場合、根拠と必要性等を事前にお伝えさせて頂き、ご相談を行なっております。

当院の方針として交通事故の治療は目安表の料金内で施術します。
損害保険会社様が提示している目安料金表を原則守り、ご請求しております。

当院では、交通事故治療は医療機関(病院)との連携が重要だと考えておりますので整骨院に通院してもらうのではなく、医療機関の治療も受けて頂くように初診時から患者様へお伝えしています。

損害保険会社様のご担当者様が患者様の状態をしっかり把握することができるよう施術明細書を毎月提示いたします。
毎月の通院日数の確認を行うことができるため、軽微なKエガであれば自賠責範囲内に極力抑えることができるよう努力いたします。

当院では短期間で痛みの改善を行うことを目的としておりますので、早期の改善をお約束いたします。

損害保険会社様にも車物アジャスターの意見を参考にしているように車の損傷具合でどの程度体を痛めているかある程度分析することができます。
もちろん患者様の容態によって一概に言えないケースもございますが、しっかりと多角的な判断を行い、必要ない長期の治療は行いません。