TEL

五十肩

<五十肩の症状の改善ならクラル小山鍼灸整骨院まで 小山市・小山駅・小山>

五十肩ってどんな症状?

五十肩は外傷後に起こることもありますが、多くの場合これといった明確な原因は思いつかない肩の痛みから始まり、だんだん腕が上がらない、夜痛くて眠れないなどといった症状へ少しずつ進行していきます。これらの症状を感じてしまった場合は、できる限り早い段階で治療を開始する事が早期回復のためにも重要です。痛み止めの薬で症状をごまかしながら肩を使っていると、いつまでも症状が直らない場合があります。

五十肩を発症される人の多くが肩甲骨の周辺にある筋肉が硬く、動きが悪い場合が多いです。
肩関節の運動は上腕骨と肩甲骨で作られる肩甲上腕関節の関節運動と、肩甲骨の回転する動きが連動して行われるものです。そのため肩甲骨の動きが悪い場合には、肩関節への負担が多くなってしまい、五十肩が発生しやすくなってしまいます。

治療の時は健康骨の動きを改善するためにアプローチを同時に行っていく事が、早期回復の鍵でしたが、小山市・小山駅・小山のクラル小山鍼灸整骨院では痛みを和らげるためにも、関節モビライゼーションやはりを使って痛みを軽減させていきます。そして関節拘縮による運動制限を、早期に取り除く治療を行っております。

自己流で五十肩の処置をしないように

五十肩になって関節を動かす頻度が減ってくれば、後に関節硬縮を起こしてしまいます。痛みが治まっても肩関節がロックしたように動かなくなることも珍しくありません。
小山市・小山駅・小山のクラル小山鍼灸整骨院の施術では、手技で肩関節運動を加えることで痛みを感じることなく、肩の硬縮を予防していきます。