TEL

ヘルニア

<ヘルニアを改善させたい時はクラル小山鍼灸整骨院まで 小山市・小山駅・小山>

ヘルニアってどんな症状なの?

ヘルニアになったらどのような症状が出てしまうのか学んでみましょう。
腰椎椎間板ヘルニアは坐骨神経痛と呼ばれるもので、ヘルニアで飛び出た線維が、神経を刺激する事で痛みが出ると言われています。しかし原因はそれだけではありません。

狭窄部位を構成する筋、靭帯、関節包などの軟部組織の状態と、坐骨神経が足にたどり着くまでに通り抜けてくる組織のコンディションの悪化で、症状が誘発されるのです。

これは何もヘルニアに限らず、脊柱管狭窄症や椎間板変性症、腰椎圧迫骨折変形などの坐骨神経痛を起こす疾患のほとんどの共通しています。

ヘルニアは手術しなくても改善できます

ヘルニアだからいつかは手術をしなきゃいけない…と思っている方もいるでしょう。
しかし手術しなくても、ヘルニアを改善していける事もあるのです。

ヘルニアの症状が発生してから、痛いから、薬を飲んだからと、長期的に体を動かさない状態が続いてしまうと筋肉や関節がかたくなってしまい、神経の通り道を狭くしてしまう事があります。

かといって痛いので運動はできないですよね。

そこで小山市・小山駅・小山のクラル小山鍼灸整骨院では、ヘルニアの痛みを軽くしていきながら、体の柔軟性を高めていく施術をしていきます。さらにご希望であれば、はり灸を使って効果的に症状を軽減させる事も可能です。神経痛に対するはり灸治療は、WHO(世界保健機構)でもその効果が認められています。

はり灸治療と言えば、鍼灸院において健康保険が適応される数少ない疾患の一つなので、ヘルニアでお悩みの方は、是非一度小山市・小山駅・小山のクラル小山鍼灸整骨院までご来院ください。