TEL

事故にあわれてしまったら

交通事故対応に慣れてらっしゃる方は中々いません。事故直後は多くの方が興奮状態にあります。そんな中で身体の心配や自動車の心配など色々大変です。面倒くさいから、時間がないからと安易に考え初期対応を誤ると、後に『痛くなったのに治療も受けられない』や『物損保証内容に納得がいかない』なんてトラブルが起こることがあります。そんなことの無いように、事故に遭遇したら最低限おさえておいて頂きたい段取りをご紹介させていただきます。

警察(110番)と必要に応じて救急車(119番)に連絡

『相手が警察に届けなくても・・・』と言っていても、事故後トラブルに発展せず示談が成立するよう、きちんと段取りを踏むことが重要です。交通事故の根拠となる『事故証明書』は警察により発行されます。そして、後に治療を受けるために必要な診断書も、病院での診察が必要となることが多いので注意が必要です。

事故の相手と連絡先交換

相手の情報の信頼度が低い場合には、免許証や名刺の提示をしながら連絡先の交換をしましょう。稀ですが相手が本当の情報を伝えないなんて可能性も考えられますのでご注意ください。また、事故現場で賠償の話しや示談書の取り交わしなどは絶対にしないよう注意しましょう。交通事故の後遺症が後になって出現した際に、適切な保証が受けられなくなることも考えられます。

病院で診察を受ける

病院で検査を受けてください。事故直後は興奮状態による影響で痛みを感じ難くなっている場合があります。後から『肋骨に骨折があった』なんて発覚することもあるほどです。

保険会社に連絡

ご自身の加入している任意保険会社に連絡し事故に合われたことを伝えてください。任意保険に未加入であれば自賠責保険の窓口までご連絡ください。

治療開始

なるべく時間をおかずに治療を開始してください。できるだけ早期に治療を開始することで、回復までの期間を短縮することができ、つらい時期を最小限に抑えることができます。交通事故の治療は3~6ヶ月間の期間で治療が制限されるケースもあります。

当院では、交通事故で利用する保険の専門知識を持った担当者が治療開始の手引きから、交通事故保険の疑問や問いなどに対してアドバイスをさせて頂いております。体が完全に回復し示談が成立するまでしっかりとサポートしてまいります。